限界を突破しろ!~Break through the limits~

トライアスロン、トレイルラン好きな大阪北摂在住の会社員が科学的観点からのアプローチで日本代表するアスリートを目指していくブログ。情報配信もします。

ランナー膝とは!?

スポンサーリンク

私が、ランニングを始めたのは先日記載した通り、2014年。


現在に至るまで、ランナーなら大体の人が通る道から、学生時代の古傷の悪化など色々と経験しました。


万人共通ではないものの、対処法が誰かの参考になればと思いここから、ケガ履歴を色々と書いていきます。


まずは一番多いのではないでしょうか?

ランナーズニー、ランナー膝
→正式には、腸脛靱帯炎と言います。



大体、どちらかの片側の膝の外側が痛くなります。
(稀に両方の人もいますが)

初心者ランナーの多くが通る道で、多く人は膝を何とかしようとしますが、実は原因はそこではありません。
(膝はほぼ骨なので、骨に異常があるわけではないです)



腰の横側(骨盤の外側のでっぱり)から、腸脛靭帯の付着部が付着しており、そこから膝横(脛骨(すねの骨))の靭帯が擦れて炎症を起こしている状態です。

f:id:triathlon_runbikeswim:20190403123923p:plain
こんな感じですね。


炎症なので、応急的な方法は冷やすことです。
(間違っても温めてはいけません)



ただ、これは原因を取り除くことにはなりません。

①ポイントは、まずは炎症を抑えるためランニングの中止
②膝横ではなく、腸脛靭帯(ももの横)の柔軟性を高めること
 ⇒ストレッチポールや、風呂でマッサージ

特に②は毎日やってもらってもいいくらい大事です。



私はこれができなかった(というか当時は分かってなかった)せいで、半年以上満足に走れませんでした。

思い切って休むと不安になる⇒ずっと痛い⇒悪化の繰り返しです。


結局休んで、マッサージをして1~2週間くらいでサクッと治したほうが効率的なのです。


ちなみにトライアスロンをバリバリやっている今でも、腸脛靭帯炎には気を張っています。

それくらい大事な項目なので、一つ目の記事にしました。



ストレッチポールは腰痛対策など色々なことに使えるので、家に一つ置いておいて下さい。
(私は一部屋一つで3つあります)

安ければ良いわけでもなく、使えなければ意味がないので機能、安さを加味して使いやすいおすすめはこちらです。


効果重視ならこちらを推します。 私も毎日使っていますが、ゴリゴリが効きます。

不安な方には、以下のようなサポートグッズもありますね。


特にこちらのザムストは邪魔にならないのでおススメ。 皆さんこれからランニング人生長く楽しんでいきましょう。