限界を突破しろ!~Break through the limits~

トライアスロン、トレイルラン好きな大阪北摂在住の会社員が科学的観点からのアプローチで日本代表するアスリートを目指していくブログ。情報配信もします。

目指せアイアンマン世界選手権

スポンサーリンク

どうすれば、アイアンマン マレーシアでKONAスロットをとれるか試算してみました。


当初の目標は10時間25分。

し、か、し!

f:id:triathlon_runbikeswim:20190412155140p:plain




30-34枠のスロット獲得平均は9時間55分…10時間切りは必要。



10時間25分も高望みなのに、更に30分の上方修正は絶望です。



10月まで死ぬ気で、目標は以下に設定。

Swim:1時間10分
T1:3分
Bike:5時間15分(Ave 34km/h)
T2:3分
Run:3時間24分(Ave 4:50km/h)
total:9時間55分



都内で働いていた時は、代々木公園内の織田フィールドで練習していましたが、大阪に引っ越してから、スピード練習すらできていません。


怪我がないのが唯一の救い。


しかし私が考えるに、トレーニング内容はもちろん、道具の差は何より大きいです。
(怪我をせずにコンスタントに続けれる環境を作ることが重要)


巷では、ナイキがブームをかっさらっており、

私の周りでもナイキを履いてから自己ベストが5分以上知縮まった!!

という人続出です。


精神力が大事と考える私としては、プラセボ的な効果も大いにあるかと思い、3時間の選手が5分縮めれるならナイキが合うならいいじゃん!と思います。


つまり、悩んでる人はこれ買っちゃいましょう。
ポチっとな。


ちなみに私は、天邪鬼なのでナイキは履きません。 というか元々、アシックスの薄い靴を履いていたのですが、昨年からonのシューズに変えて、ケガも翌日のダメージも減って更にタイムも上がった!。 フルマラソンの翌日でもジョギングができるほどです。 回し者でもなければ、私自身にお金は一銭も入りませんが、是非皆さんにonを履いて欲しい!!! 普段履きと通勤ランには、クラウド。 オールブラックなので通勤にも目立たずオススメします。

レースではクラウドフローと使い分けています。

特にクラウドフローはプロのトライアスリートで履いており、アイアンマンの優勝者が履いていたモデルでもあります。 人それぞれで自分に合う靴はきっとあるはずです。 マラソンでもトライアスロンでも、ランはシューズのみと言ってもいいくらい重要です。 是非、騙されたと思ってonやナイキを履いてみてください。 今まで意識していなかった人は確実に変わりますよ~ 私も頑張ります。