限界を突破しろ!~Break through the limits~

トライアスロン、トレイルラン好きな大阪北摂在住の会社員が科学的観点からのアプローチで日本代表するアスリートを目指していくブログ。情報配信もします。

食事のコントロール

スポンサーリンク

普段の食事管理ってどうしてますか?


食生活の管理って、トレーニングでカラダを作りこむよりも大事!!

というのも、運動なんて所詮は、一生のうちの活動時間からにすると微々たるもの。
社会人や学生だと尚更そうですよね?


「我々の身体は、自身の食べたもので出来ています」


つまり、普段の食生活を気を付けるほうがパフォーマンスや回復力UPへの近道。

筋トレや走りこんで追い込むとやった気になりますが、そんなの所詮は自己満足です。


サプリを多く摂れ!というわけではなく、朝昼晩の食生活をコントロールして、それを前提に運動で向上を目指す!

これが大事。


根本的に私のずっとやっていることは、
①ラーメン・うどん・パスタなどの麺類は3年ほど口にしていません。
 ⇒体重コントロールも大事なので、炭水化物量を調整
②バターコーヒーも3年ほど続けています。
 ⇒ケトン体代謝の身体に変えること。

簡単に内容をまとめると、以下のような本を読み漁り、理論や論文データを自身でも確認し、身体に合うか試した結果、自身にフィットしたという感じ。


内容を簡単に書くと以下の通り。

【①について】
ジョコビッチの食事法で一躍有名になり、世界中の一流セレブが実践している小麦抜きの食事法、「グルテンフリー」
小麦に含まれるたんぱく質グルテン」が、脳に炎症を起こし、腸に小さな穴を開けると注目。

小麦には中毒性があり、無性に食べたくなりドカ食いしてしまう原因となっている。(飲んだ後のラーメンや、パスタのドカ食いなどは小麦中毒だから)

 

【②について】
人体に必要なエネルギー源には、ブドウ糖とケトン体があります。

ブドウ糖 = グリコーゲンとして蓄えられるが、蓄積量に限界があり、インスリンが作用し、脂肪に変えて体に溜める。

ケトン体 = 脂肪を燃やして作り出されるエネルギー源がケトン体。

体脂肪を「ケトン体」に分解する効率をアップさせることができれば、体脂肪をエネルギーとして消費することができるようになります。このようなエネルギー代謝を、「ケトン体代謝」といいます。



諸説ありますが、この本を読んでから自分の身体で試している感じです。



騙されたと思って是非読んで頂きたい本です。 全てを真似する必要はありませんが、考えを改めるキーになると思います。 自身の身体をコントロールする方法を自分なりに見つけて、意味のない食事はできるだけ減らしていきましょう!