限界を突破しろ!~Break through the limits~

トライアスロン、トレイルラン好きな大阪北摂在住の会社員が科学的観点からのアプローチで日本代表するアスリートを目指していくブログ。情報配信もします。

遺伝子検査の結果(がん、生活習慣病編)

スポンサーリンク

 

遺伝子検査の結果が来ました。

 

「ダイエット特化キット」「肌質特化キット」「スポーツキット」など色々とありますが、私が受けたのは「Genesis2.0」という全体を網羅できるキット
 
↓こちら↓
f:id:triathlon_runbikeswim:20190605095943j:plain
 
事前情報ですが、私個人の結果というわけではなくて私の遺伝子を統計的に見た場合の傾向や、文献データなどを参考にリスクレベルを導き出しているだけなので、一つ一つに一喜一憂してはいけません。
 
 
それでは、結果を見ていきます。
(各カテゴリ毎に見やすく分かれています)

f:id:triathlon_runbikeswim:20190605095958j:plain

まず、私が気になっていたのは「がん」のリスク
 
ちなみに身内でガンでなくなった人は、私の記憶の限りだといません。
つまりそれほどリスクは高くないと思っていましたが、私の遺伝子グループ的に見た場合はどうなのでしょう?
 

f:id:triathlon_runbikeswim:20190605100012j:plain

 
 
えっ?
なんか、どっちつかずで結果微妙じゃね?
 
詳細を見ていくと、「高い」「やや高い」「標準」「やや低い」「低い」の5段階判定しているようです。
例えば、大腸がんの項目の詳細を見ると、標準的なグループ。

f:id:triathlon_runbikeswim:20190605100021j:plain

 
まあ、あくまでも統計的なデータなのでなる人はなるし、ならない人はならないんですが、私の場合「高い」傾向の項目は一つもないので、
総合して考えるとそれほどリスクは高くないのかなーと思ってます。
 
逆に遺伝子的に「高い」傾向の人がいるのであれば、がん保険とかの参考に使えそうな気がします。
 
 
 
では、七大疾病(七大生活習慣病)のリスクはどうでしょう。
 

f:id:triathlon_runbikeswim:20190605100034j:plain

えっ?結構高い…
ここで初めて「高い」が出てきました。
将来的になってしまう確率が高そうです。
 
これも普段の私生活を戒めて、これからの生活を見直していく参考になりそうです。
 
保険見直そうかな…
 
 
 
このほかにもカフェイン代謝や、お酒の強さ、筋肉の質、祖先のルーツなど色々な項目があります。
 
特にアスリートの人達には効率的なトレーニングや、ダイエットに気になる情報も!!!
 
 
その辺は次回レポしていきますので、お楽しみに!!
 
 

ちなみに私は3万くらい払って受けたんですが、今日から始まった楽天スーパーセールだと半額だそうな…(楽天ヘビーユーザーとしては痛い)
 
やられた。