限界を突破しろ!~Break through the limits~

トライアスロン、トレイルラン好きな大阪北摂在住の会社員が科学的観点からのアプローチで日本代表するアスリートを目指していくブログ。情報配信もします。

水分補給の費用ってバカにならない

スポンサーリンク

どうもジャッカルです。

 
そろそろ梅雨も明けるので、バリバリ運動ができそうな日がやってきました。スポーツ・私生活にしても、水分補給は重要ですが、皆さん毎日、水分補給する際どうしていますか?
私が2年前から実践している、エコ・節約視点でもおススメの方法があるのでちょっと紹介。
 f:id:triathlon_runbikeswim:20200710150246j:plain

【1本/日、水を買うと3000円/月!!】

日常生活で1日1本買うとしても、毎月このくらいかかり、トレーニング時にも買うとすれば、水分補給だけで月5,000円以上使っていると思いませんか?
みなさんそれぞれよく考えてほしいですが、これって積み重ねると大きな値段になります。
 

【持ち運べる浄水器BRITA

世界でもトップクラスのフィルター・浄水器メーカーのBRITAが販売する製品です。この製品を使用することで、水道水をどこでもフィルターに通すことができ、新鮮でおいしい水をいつでも飲めます。
 

【おススメ!BRITA fill&go】

 私がおススメするのがこの製品です。

・4週間使用可能
・飲むだけでなく、水を押し出して使用も可
・食洗機で洗浄可能
・ストラップ付でカラビナでカバンに付けれる

f:id:triathlon_runbikeswim:20200710145325p:plain

メリット
①どこでも水が飲める!
⇒水道さえあれば水の補給ができます
⇒トイレの水道だっで使用可能(市水の場合)
②ゴミが減る
⇒ペットボトルのゴミって嵩張りませんか?
③バイクのドリンクホルダーにも入る
⇒ロングライドの時って水分補給困りませんか?
※私が最もメリットを感じている点
 
デメリット
①1か月に1回程度フィルターを買うことが必要
⇒毎日、買うことを考えると余裕でペイできます
 

【私の使用例】

・プール練習時にプールサイドに水分補給のボトルとして
・バイクライド時に軽量化、荷物軽減として
・ラン練習の時、コンビニで水を買わなくてもOK
・外出中の水分補給のため、カバンに装着

f:id:triathlon_runbikeswim:20200710145701p:plain

1回は小さい額なので、気にも留めていませんでしたが、結構気軽に買っていたので、月で考えると6000円以上は使っていました。しかも、コンビニに入ると絶対ついでに何か買ってしまうので、ひと月でいうと1万円以上は節約できていると思います。
1万×12か月で、年間12万も使っていたと思うと恐ろしい……

f:id:triathlon_runbikeswim:20200710151030p:plain

【エコ視点からも良い】

プラスチック製ストローの廃止、コンビニも袋が有料になるなど、どんどん世間でも『エコ』に重点が置かれてきています。
事実、売り上げに直接の影響はなかったとしても、『地球環境に配慮した活動をしている会社』『エコへの取り組み姿勢』は、投資家も重要な投資指標としており、企業としても事業基盤の安定のために、取り組みだすので、社会的にもどんどん増えてくるでしょう。
フィルターだけで買えばこんな感じ。
 

【まとめ】

節約にもなり、これからの未来、自分の子供のことも考えて、切り替えるない理由はないと思いませんか?

f:id:triathlon_runbikeswim:20200710150024p:plain

これを機に是非、小さなことから切り替えてみましょう。
 
おわり