限界を突破しろ!~Break through the limits~

トライアスロン、トレイルラン好きな大阪北摂在住の会社員が科学的観点からのアプローチで日本代表するアスリートを目指していくブログ。情報配信もします。

Zwiftでバーチャルランニング!

スポンサーリンク

どうもジャッカルです。

 

転職したりなんやかんやで、ネット環境も整わず更新できずな期間が続いてしまいました。ようやく環境も落ち着いたのでこれから復活です。

最近雨が続いたり、寒くなってきたのもあって外に出るのめんどくさくないですか?

前回も少し書きましたが、今回はZWIFTでランニングをする方法について、情報を更新したので触れていきたいと思います。

 

【Zwiftとは】

ローディーやトライアスリートにはお馴染みのバーチャルトレーニングです。

「バイク」「ローラー台」を、web(以下、ZWIFT)とリンクさせれば、オンライン上に設けられたコースを走れるネットゲームのようなもの。

出力や回転数によって、自身のアバターのスピードも変化し、経験値を貯めたり、ミッションをクリアすることで、走れるコースが増えたり、ゲーム内の通貨が貯まり、ウェア、ホイール、バイクなどのアイテムが入手でき、自分好みにカスタマイズできます。

バーチャル空間でレースなどのイベントも多数あるので、コロナ過は異常な数のライダーがZWIFT上に集まっていました。

 

【Zwiftでランもできる】

当初はバイク版のみでしたが、実はこの『Zwift』は、ランニングでも使用できるんです!(2018年~実装)

これを使えば、世界中のコースを世界中のランナーと一緒に走れるので、自然と気持ちも上がります。

こんな感じ

www.youtube.com

自身のアバターのレベルも上がっていくので、ただ単にランニングマシンで走るよりも遣り甲斐が生まれます。

※今流行りのバーチャルランもZWIFTでは、リアルタイムでレースができます。

 

【ZWIFTランで必要なもの】

必要なものは、以下4点。

①電子端末(タブレットPCiPadスマホ

⇒私は、アンドロイドスマホを使用

 

②心拍センサー

⇒時計内蔵で手首で測れるものがありますが、手首心拍は現在の技術では精度が低くおススメしません。(10くらいズレるので、データとしては何の意味もありません)

腕タイプ(ランのみであれば万能で誤差もない)

POLAR(ポラール) 【日本正規品】OH1 + グレー 92074854 グレー

POLAR(ポラール) 【日本正規品】OH1 + グレー 92074854 グレー

  • 発売日: 2019/04/26
  • メディア: スポーツ用品
 

※ガーミンやスントとの連携も可能

胸バンド(スイムでも使うならこれが必要)

 

③フットポッド

⇒ピッチやストライドを測定します。

ガーミンのみでトレッドミルしている人がいますが、あれでは距離もピッチも不正確です。

ZWIFTをする場合は、以下のフットポッドが対応しています。

Zwift RunPod

Zwift RunPod

  • メディア:
 

私はGARMINのフットポッド製を使用していますが、これは絶版のようです…

ガーミンオンラインストア | 商品詳細 軽量フットポッド(SDM4)

※ガーミン製はBluetooth接続できないため、「ANT+」という規格でスマホと繋ぐ。

 

※運よくガーミン製のものを手に入れた場合の接続方法

スマホを使う場合

初期設定は「ANT+」通信はできませんが、以下のアプリをインストールすれば、「ANT+」接続できるようになります。

play.google.com

タブレットを使う場合

USBタイプのドングルを差し込めば、「ANT+」通信ができるようになります。

 

トレッドミル(ランニングマシン)

⇒家にある人は皆無だと思うので、ジムを活用しましょう。

※以下の機種は、直接Zwift接続ができ、フッドポットは必要ないけど、近くのジムにこのトレミある人いないかと…

・BowFlex BXT116/BXT216 トレッドミル

・Any StarTracトレッドミルBluetoothボタン

・LifeFitness T3 home treadmill

・True Fitness Performance 300

 

【接続方法】

接続は、いたって簡単。

1.上述の①~④を用意する。

2.ZWIFTアプリを起動

3.ランを選択します。(バイクの場合はバイクを選択)

f:id:triathlon_runbikeswim:20200108104548p:plain

4.「心拍計」と「フットポッド」を接続。

f:id:triathlon_runbikeswim:20200108104753p:plain

この時にフットポッドのキャリブレーション(校正)を行なう。

⇒画面上のレンチマークをクリックし、指示に従ってトレッドミルの速度を合わせて40秒×3回走る。(毎回行う必要はない)

5.コースを選んで走り出す!!

f:id:triathlon_runbikeswim:20200113132938j:plain

これで走れば、トレッドミルの表示とZwift上で速度差はほぼなく正確に走ることができます。(ガーミンのみより圧倒的に実測値に近い)

ちなみに、STRAVAと連携できるので、走り終われば自動でSTRAVAにアップロードされます。

こんな感じ

f:id:triathlon_runbikeswim:20201012211346j:plain

f:id:triathlon_runbikeswim:20201012211326j:plain

 

【メリット】

・ジムでのランニングは、すぐにシャワーを浴びれる。

・冬はウォームアップに時間が短縮できる、夏の炎天下でも涼しい環境下で走れる。

・雨の影響を受けない。

・一定のペースを刻んでペース走ができる。

・ゲーム感覚で追い込める。

 

【デメリット】

心拍計、フットポッドの購入が必要。

・初期設定だけめんどくさい。

⇒慣れれば、1分で起動できます。

・普通のジムで追い込むトレーニングをすると変な目で見られる。

⇒私は大体、低酸素ジムで使っています。

 

【雑談】

私の憧れ『ライオネル・サンダース』は、ほとんどのトレーニングをインドアで行ない、世界2位になりました。(ランもバイクも『Zwift』)

f:id:triathlon_runbikeswim:20200108110700j:plain

レースでサンダースと走ることは無理ですが、Zwiftなら一緒に走ることが可能!

(いつも同じコース上に、いないか探してしまいますw)

 

【まとめ】

これで、退屈なジムでのランニングも楽しくなるし、 特に男子はこういうの萌えるよね!?

これが本当の

『eスポーツ!』

私は、よくジムで走るうえ、出張先や旅行先でも使用しますが、『Zwift』でランをやっている人はまだみたことはありません。

しかしこれからは、どんどん増えてくるような気がしています。

なにより一人でも走るモチベーションになるし、ゲーム感覚でレベル上げができます。

興味がある方は是非導入してみてください!!

 

ぜひ一緒に『Zwiftでjoin』しましょう!!

f:id:triathlon_runbikeswim:20201012213222j:plain

おわり

↓よかったらフォローしてね↓
Twitter