限界を突破しろ!~Break through the limits~

トライアスロン、トレイルラン好きな大阪北摂在住の会社員が科学的観点からのアプローチで日本代表するアスリートを目指していくブログ。情報配信もします。

真夏のトレーニングには漢方薬!?

スポンサーリンク

f:id:triathlon_runbikeswim:20190805141356p:plain

この間まで、雨が続く日が続き辛い日が続いていましたが、7月後半から急に暑過ぎる日が続いています。
 
 
メリハリがありすぎですね。
 
皆さんトレーニングはできていますか?
 
 
さて、前回から「暑熱順化」に関して少し紹介していましたが、さすがにここまで暑いと「暑熱順化」どころではないかもしれません。
 
↓前回の記事はこちら↓


 
というのも、この土日にチームの練習会に参加してきましたのですが、メンバー2名が倒れ、1人は入院、もう一人も病院まではいかないものの熱中症で倒れました。

f:id:triathlon_runbikeswim:20190805141405p:plain

 
熱中症は、速いとか遅いとか年齢も関係なく、寝不足や栄養状態などのコンディション面に大きく左右されます。
(現に倒れた子の1人は、エリートクラスで大会に出ているし、20代前半です)
 
 
自分が速いとか若いとか、油断しないようにしましょう!
 
 
私の対策ですが、この暑いシーズンは減量とか度外視で、特に食事を多く摂るようにしています。
エネルギーが身体に充実して体力回復優先にしたいためです。
 
つまり、この時期にトレーニングも並行するなら、減量は避けた方が無難です。
パフォーマンスは上がりません。
 
 
 
それでもどうにもならない…
夏場のトレーニングはツラいけど、やらなきゃ人との差は付けられないし…
 
どうにかトレーニングしたいですよね?
 
 
そこで、そんな時のサポートとして漢方を摂ることをおススメします。
 
「清暑益気湯(セイショエッキトウ)」
 
夏バテ、暑気あたりの漢方薬
“清暑”とは暑さの原因を涼しくする、“益気”とは「気」※を増やすといった意味があります。暑さで弱った胃腸を元気にし、低下した体力を回復させるのがこの薬で、いわゆる夏バテ、暑気あたりに用いられる代表的な漢方薬
 暑さによる食欲不振、下痢、全身倦怠感、夏やせなどに適しています。熱感、口の渇き、軟便、尿量の減少なども処方の目安になります。 
ツムラ社HPより引用
 
これは、私の個人的体感としても、かなり効きます!
 
猛暑でもトレーニングを積み重ねる必要のある人には強い味方になります。
 
 
しかしながら、ツムラさんの場合は、病院で処方をしてもらうことが必要です。
 
安くて簡単に手に入りますが、病院に行くのはなかなか手間です。
同漢方処方で市販でも買えるものがありますので、騙されたと思って是非試してみてください。
 
効能効果もしっかりあるものなので、あなたの力になってくれるはずです。
 
 
楽天
ちなみに、外気温が高い時は、涼しい時に比べて平均心拍が高くなる傾向にあります。
 
心拍が上がりすぎると体調に良いことはありません。
インターバル系のハードな練習は、夜以降か日が昇る前だけにしておきましょうね。