限界を突破しろ!~Break through the limits~

トライアスロン、トレイルラン好きな大阪北摂在住の会社員が科学的観点からのアプローチで日本代表するアスリートを目指していくブログ。情報配信もします。

次に出るべきレース

スポンサーリンク

どうもジャッカルです。 

 

コロナ過でなかなか国内のレースが開催されない中、ターゲットレースをアイアンマンに絞っている私としては、国内以上にいつ海外のレースに出場できるのか分かりません。

そろそろ個人的に決めているタイムリミットも迫っているのでここらで整理します。 

f:id:triathlon_runbikeswim:20191029234022j:plain

 

【目的】

目的は、KONA権利を獲得し、ハワイで行われる世界選手権に出場すること。

それのみです。

ITUロングの世界選手権も、70.3の世界選手権も興味はありません。

KONAに出るためだけにトライアスロンをしています。

 

【ターゲットレース】

2020年の想定では、コロナが収まっていると想定していました。

その中で想定していたのは、以下のレース

①2020年10月 アイアンマン マレーシア⇒中止

②2021年10月 アイアンマン マレーシア⇒出れない

③2021年12月 アイアンマン 西オーストラリア⇒出れない

ここまでコロナが長引くとは…

プランを組みなおすと旅費・有休・レベル感を想定して以下のレースかな??

第一候補:アイアンマン 台湾

第二候補:アイアンマン 韓国

第三候補:アイアンマン マレーシア

 

【過去のレースレベル考察】

コロナ過で変則的だったので2019年2018年を参考にレベルの比較をしてみたいと思う。

なお、今年から最もレベルが高いシビアな30-34エイジを抜けたので少しホッとしてはいる。

もちろん参考にしたのはこちら。

www.coachcox.co.uk

Ironman Taiwan(9月5月?)

コナのスロット数:2019年2018年ともに35個

自分のエイジ枠のスロット数:35-39エイジで3~4個

2019年大会

 f:id:triathlon_runbikeswim:20210815201355p:plain

2018年大会

f:id:triathlon_runbikeswim:20210815200233p:plain

35歳エイジになって、気持ち程度「Final Qualifier」のタイムは落ちたが最低でも10時間は切るレベルがボーダーラインっぽい。

気温は20℃超えるくらいだそう。灼熱のマレーシアとかよりは走りやすいかな?(それでもその気温でランはキツイが…)

しかも、台湾は時期が毎年変わってノンウェットの時もあるからかなり微妙。

 

自分の想定でギリギリ10時間か。いけなくはないな。

スイム:1h10m、バイク:5h30m、ラン:3h10m(T1,2で5分づつ)

 

 Ironman Gurye(7月)

コナのスロット数:2018年30個(2019年大会は台風で中止)

自分のエイジ枠のスロット数:35-39エイジで2個

2018年大会

f:id:triathlon_runbikeswim:20210815202018p:plain

スロットが2個しかないのにめちゃ速い。しかもトップ20まで見ても30歳エイジより強い。とか鬼畜。

スタート時は気温が寒いくらいと聞くので、ランとバイクはかなり走りやすいし、スイムはもちろんウェットありだからスピードも出るだろうが9時間50分でボーダーといったところ。

 

自分の想定で9時間40分。ランが絶望的なくらいきついな…

スイム:1h5m、バイク:5h20m、ラン:3h5m(T1,2で5分づつ)

 

Ironman Malaysia(10月)

コナのスロット数:2019年2018年ともに50個で最多

自分のエイジ枠のスロット数:35-39エイジで6~8個

2019年

f:id:triathlon_runbikeswim:20210815203144p:plain

2018年

f:id:triathlon_runbikeswim:20210815203400p:plain

やはりスロット数が多いのは魅力!!

常に気温が30度超えているので、バイクとランは相当タフだし、スイムもノンウェットで、他の地域と10分程度しか「Final Qualifier」のタイムが変わらないというのはかなり厳しい。

最低でも10時間ヒトケタがボーダー。

 

自分の想定で9時間58分。もうちょい行けそうだけど熱中症ばかりは想定できない。

スイム:1h08m、バイク:5h25m、ラン:3h15m(T1,2で5分づつ)

 

【どれに出る?】

スロット数とタイムを加味すると少しのミスも許されない韓国はかなり厳しい。

ということで、来年(コロナが明けると信じて)選んだレースは、

台湾とマレーシアに決定!!

ちなみに西オーストラリアも検討したけど、ボーダーラインでも9時間20分だから実現性があまりにもなくてボツ。

バルセロナとか9時間切りでもボーダー。ヨーロッパ人はレベルが違いすぎる)

 

【実現性あんのか??】

前回のマレーシアは、パンク3回+熱中症で参考にならんが、今の実力から考えてもこんなアホなトラブルがなければ十分に行けるレベル!!

ただしトラブルも実力のうち。来年のレースに向けて備えます。

 

↓以下、2019年マレーシア↓

 

【最後に】

ということで、今から次の本命レーとしてまず2022年の台湾への調整に進みます。

台湾のレース出たことないんだけど、バイクとランのコースって坂とか風ってどうなの??参加したことがある人教えてください。

 

ちなみに今のベスト補給食はこれです。

他に良いのがないか検討中なのですが、レース中に摂れて胃も壊しにくいものがあれば教えてください。

  

おわり

 

↓よかったらフォローしてね↓
フェイスブック
https://www.facebook.com/masaki.morikawa.92

【インスタ】
https://www.instagram.com/jackal_morikawa/

Twitter
https://twitter.com/Jackal_Morikawa