限界を突破しろ!~Break through the limits~

トライアスロン、トレイルラン好きな大阪北摂在住の会社員が科学的観点からのアプローチで日本代表するアスリートを目指していくブログ。情報配信もします。

アイアンマンマレーシアに向かって!

スポンサーリンク

どうもジャッカルです。

 
改めて、アイアンマンマレーシアで結果を残すべく、振り返りをします。
 
 

f:id:triathlon_runbikeswim:20190930184755p:plain

↓少し前に振り返った記事はこちら↓ 

 

 

【目標】

KONAスロット獲得!!
 
アイアンマンに挑戦するのは初めてですが、2018年11月にエントリーして以来これだけを考えて1年過ごしてきました。
 
これまでの最長のレースは「佐渡Bタイプ」
 自分でも、端からみるとかなり無謀な計画を立てていると思います。
まずは完走を目標にしろよ!俺
 
【KONAとは?】
さらっとKONAと言っていますが、正式には「IRONMAN WORLD CHAMPIONSHIP
世界中で行われるアイアンマンシリーズの頂上決戦は毎年ハワイのコナで行われるため、みんなコナ(KONA)と呼んでいます。
 
そして、いよいよそのアイアンマンシリーズの一つの10月26日のマレーシア大会の開催が迫ってきました。
 
【おさらい】
KONAの権利(スロット)獲得者の成績を以下で確認します。
(私は33歳なので、30~34のエイジが争う年代)
 
1.アイアンマンマレーシア
2016年~2018年分のデータを抽出
↓ここから↓

f:id:triathlon_runbikeswim:20190930170601p:plain

 
●2016年 KONAスロット獲得成績

f:id:triathlon_runbikeswim:20190930170637j:plain

 

●2017年 KONAスロット獲得成績

f:id:triathlon_runbikeswim:20190930170624j:plain

 

●2018年 KONAスロット獲得成績

f:id:triathlon_runbikeswim:20190930170612j:plain

 
 過去3年分全部見ても、10時間以内が必須ですね…… 
 
 
2、日本近隣の大会と比較
(韓国、ケアンズ、台湾)
 
2018年のKONAスロット獲得成績

 

韓国

f:id:triathlon_runbikeswim:20190930171058j:plain

 

ケアンズ

f:id:triathlon_runbikeswim:20190930171046j:plain

 

台湾

f:id:triathlon_runbikeswim:20190930171038j:plain

 
 
タイム及びスロット数を比較すると、マレーシアが一番狙うべき大会というのは間違いではないでしょう
 
・台湾、ケアンズ
 ⇒タイムが速すぎる
・韓国
 ⇒タイム的にはありだけど、スロット数が少ない
 
という事で、日本から参加しやすくKONAスロットを比較的取りやすいのは、マレーシアだと結論づけた方向性は間違っていません。
 
来年、他の大会で選択肢に入れるなら、ウェットも着れてスロットの多いケアンズかな?
 
 
【マレーシアについて深堀り】

f:id:triathlon_runbikeswim:20190930171414p:plain

 
調べれば調べるほど、KONAスロット獲得に関しては、ロールダウンを期待しても、10時間以内は必須ということが確認できるだけです・・・
 
正直、絶望感しか感じません。
 
 
ちなみに私の最新の目標タイムは以下の通り。
(死ぬほど背伸びして) 

f:id:triathlon_runbikeswim:20190930184206p:plain

 
これだけ背伸びして、ボーダーライン。。。。
  
KONA出る人ってみんなバカなの?
 
皮肉ですいません…
 
学生時代に水泳やってればとか、陸上やってればとか自分に対する後悔は色々ありますが、これからの環境でどうにかするしかありません!!!
※ぶっちゃけ今回はまだ無理だろって自分でも思っているんですが、少なからず課題を設定して大会に臨むことで、来年度の方向性を決めていきたいと思います。
 
 
 
そしてやはり、こうやって分析すると一番タイム短縮できる
可能性を秘めているのは、
 
『スイム』
 
 
大会まであと
 
25日!
 
ここから劇的には伸びないので、最高のパフォーマンスを出せるように準備に努めます。
 
おわり