限界を突破しろ!~Break through the limits~

トライアスロン、トレイルラン好きな大阪北摂在住の会社員が科学的観点からのアプローチで日本代表するアスリートを目指していくブログ。情報配信もします。

体重とタイムの相関性

スポンサーリンク

どうもジャッカルです。

 

本日は体重について考察します。

 

一般的に、ラソン選手の場合体重が軽くなるほど速くなると言われています

これは、何となくみんなイメージがあるかと思います。

 

福岡大学スポーツ科学部の田中教授によると、1kg落とすことでフルマラソンのタイムを約3分縮めることが出来るそうです。

 

賢く走るフルマラソン―マラソンは「知恵」のスポーツ

賢く走るフルマラソン―マラソンは「知恵」のスポーツ

 

 著書「賢く走るフルマラソン」より

 

著書によると、サブ2.5ランナーが1キロの減量で3分短縮なので、

私みたいな、サブ3も達成していないランナーはどうなるのか?

 

1kgあたり−4分くらいいけるんじゃないか!?

という安易な考えから、今期でのサブ3達成を目論む。

 

前回、実践しているバターコーヒーダイエットの記事を書きましたが、今年の3月からは食事制限も交えてコツコツと減量しています。

↑前回の記事はこちら

 

 

・開始(3月1日)  ⇒ 181cm、71㎏

・現在(11月1日現在)⇒ 181㎝、68.5㎏(−2.5㎏)

トライアスロンを考えると、このあたりがベスト体重でした。

 

 

ラソン単体で考えると、もっと落とすことも想定する必要がありそうです。

3月に走ったフルマラソンは3時間9分だったので、計算上は3㎏落とせば、

現状の実力のままで、サブ3達成です。

f:id:triathlon_runbikeswim:20190709101511p:plain

あくまでも計算上はね。

 

 

 

 

 

 

  

 

しかしここで問題にぶちあたります。    

f:id:triathlon_runbikeswim:20190709101212p:plain

 

体は軽くなったほうが、ただ走るだけなら良いでしょう

  

安易な減量ってトライアスロンをしている人にとっては、問題なんです。

バイクは体重が重い方が出力が出ます。

 

 

色々考えずに、

ラソンシーズンは減量!

トライアスロンシーズンは増量!

 

シンプルにこれだけを考えていきたいと思います。

 

 

【結論】

・マラソンランナーは、下手に練習頑張るよりダイエットした方が速くなるよ。

トライアスリートも痩せた方がいいけど、種目に合わせてベストな体重管理をしましょう。

 

 

おわり